もしぼくが本だったら

世界13言語で翻訳されているポルトガルの絵本。

詩人である父親の文章と、イラストレーターの息子の絵で構成。

「もしぼくが本だったら・・・」というエピソードには本の魅力がたくさん詰まっています。

プレゼントにもおすすめです。



●ジョゼ・ジョルジュ・レトリア ぶん、アンドレ・レトリア え、宇野和美 やく
●アノニマ・スタジオ 発行

¥ 1,944

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料360円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価