神様のいる街

吉田篤弘さんの自伝的エッセイ。

「神様のいる街」は神戸と神保町。
この2つの街を舞台に、青春時代が瑞々しく描かれています。

キーワードは、本と古本と結婚。


吉田さんの幻の処女作『ホテル・トロール・メモ』も収録。


装幀はクラフト・エヴィング商會。
挿絵は吉田篤弘さん。




●吉田篤弘 著
●夏葉社 発行

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 360円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価