フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記

終戦後の1946年、フジコ・ヘミングさんの夏休みの日記。

美しい色使いで、家族や友人のこと、ピアノの練習やその日の出来事が生き生きと描かれています。

日記は楽しそうに書かれていても、その裏には戦争で受けた心の傷が残っていたそうです。

戦争が終わり、希望や不安を持ちながら、14歳の少女が過ごした夏休みの記録。


●フジコ・ヘミング 著
●暮しの手帖社 発行

¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 360円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価