どっちつかずのものつくり

安藤雅信さんの「陶暦36年の歩みを辿る作品論とエッセイ」。

<目次>
一 どっちつかずのものつくり

二 僕が愛玩するもの
柳茶碗、手板とりんご箱、おろし皿

三 周辺から中心への対話
坂田和實さん、村上隆さん、大友良英さん、皆川明さんとの対談


●安藤雅信 著
●河出書房新社 発行

¥ 2,430

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 360円
通報する

ショップの評価