走ることについて語るときに僕の語ること

(古本)

村上春樹さんの走ることについて綴ったエッセイ。

走ること、小説を書くこと、両方とも他人と比べるのではなく、自分の中での基準に達したかどうかが大事。

また、走ることを続けることによって、ある種の経験則のようなものが生まれてくるそうです。


●村上春樹 著
●文藝春秋 発行
●2007年10月第1刷 発行

本の状態:表紙に多少、汚れがあります。中身はきれいな状態。

¥ 540

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。