いのちを呼びさますもの ーひとのこころとからだ

日々、医師として病や人と対話している稲葉俊郎さんが独自の視点で説いた、医療やいのちの本質について。

体と心の構造、心のはたらき、医療と芸術について。

音楽・美術・古典芸能など、医療の枠を越えたあらゆる分野との接点を通して、未知なる世界を紐解き、より良く生きるためのヒントを教えてくれる一冊。



●稲葉俊郎 著
●アノニマ・スタジオ 発行

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。