おかしなジパング図版帖 モンタヌスが描いた驚異の王国

(古本)

1669年、オランダ人のモンタヌスが記した「日本記」。
当時、日本は「世界の果て」「海の彼方に発見された楽園」などと表現されており、間違った描写や空想にあふれた表現も多く、ユーモラスなものに仕上がっています。

「日本記」を中心に作家、エッセイストの宮田珠己さんの解説で、当時のヨーロッパ人が思い描いた日本を紹介。


●宮田珠己 著
●パイ インターナショナル 発行
●2013年4月初版第1刷 発行

本の状態:扉ページに折れ目あり。その他は古本として良好な状態。

¥ 1,100

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 370円
通報する

ショップの評価