街と山のあいだ

冊子「murren」でもおなじみの編集者・文筆家、若菜晃子さんの初の随筆集です。

山にまつわる記憶やエピソードを綴った59篇。
四季にわたる山行記やよく登る山、道具の話など細やかなエピソードが盛り込まれています。

若菜さんのスケッチや巻末に「出てくる山名一覧」なども掲載。


●若菜晃子 著
●アノニマ・スタジオ 発行

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。