どこにでもあるどこかになる前に。富山見聞逡巡記

東京で雑誌編集者として勤務後、富山に帰郷した藤井聡子さん。
「すべての地方都市同様”懐かしさ”を失いつつある富山で綴る、Uターン・アラサー女の”第二の青春”エッセイ」。

<目次>
第1章 迷走上京物語
第2章 都落ち、アラサー、独身女の憂鬱
第3章 個として生きるシンボル、総曲輪ビリヤード
第4章 「富山、めっちゃおもしーから」
第5章 開かれた異界としてのドライブイン、日本海食堂
など。


●藤井聡子 著
●里山社 発行

¥ 2,090

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • Letter-Pack

    Your delivery status can be checked online.

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 370JPY
Report

Reviews of this shop