どこにでもあるどこかになる前に。富山見聞逡巡記

東京で雑誌編集者として勤務後、富山に帰郷した藤井聡子さん。
「すべての地方都市同様”懐かしさ”を失いつつある富山で綴る、Uターン・アラサー女の”第二の青春”エッセイ」。

<目次>
第1章 迷走上京物語
第2章 都落ち、アラサー、独身女の憂鬱
第3章 個として生きるシンボル、総曲輪ビリヤード
第4章 「富山、めっちゃおもしーから」
第5章 開かれた異界としてのドライブイン、日本海食堂
など。


●藤井聡子 著
●里山社 発行

¥ 2,090

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 370円
通報する

ショップの評価