空をつくる

書籍の装画やイラストなどを手がける村尾 亘さんが手がけた物語。

“空間を奪い合うように、せいたかのっぽの家が建てられていく。

頭上の空が小さくなってしまった時、住民たちがある奇策を思いつく。”

ほんとうの空の意味とは?

子どもも大人も一緒に考えてほしい絵本。


●村尾 亘 作・絵
●小さい書房 発行

¥ 1,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 370円
通報する

ショップの評価