1/5

じたばたするもの

¥1,980 tax included

Shipping fee is not included. More information.

文筆家・大阿久佳乃さんがアメリカ文学・海外文学を読みながら、生活すること・生きること・感じることについて綴った18編のエッセイ集。
  
<目次>
○情けない人々
—ソール・ベロー『この日をつかめ』

○鮮やかな乾き
—スタインベック『赤い小馬』

○私たちの引っ越し
—リンドグレーン『ロッタちゃんのひっこし』

○帰る場所を求めて
—セアドー・レトキーの詩

○ホールデン・コールフィールドに捧ぐ
—J・D ・サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』
○最近読んだものの周りうろうろしつつ東京に一人暮らししてる友人に向けて
—マーシャ・ノーマン『おやすみ、母さん』
○他人という「気」
—ウィリアム・サローヤン『人間喜劇』

○離れる
—パヴェーゼ『月と篝火』
・○鏡
—カーソン・マッカラーズ『結婚式のメンバー』

○まだ消えていない炎のこと
—カーソン・マッカラーズ『心は孤独な狩人』

○一人の中の多数の人間
—マリオ・バルガス=リョサ『ケルト人の夢』
○「もの」そのものへ
—W・C・ウィリアムズの詩

○ぶらつく詩人
—フランク・オハラの詩

○孤独と優しさ
—エリザベス・ビショップの詩

○それがこれです
—ガートルード・スタインの「自伝」
○
根を求める
—金関寿夫『アメリカ・インディアンの詩』
○
(私たちの)願いのこと
—トニ・モリスン『青い眼がほしい』
○親愛なる私(たち)へ
—アドリエンヌ・リッチの詩
など

・176ページ、四六判変形サイズ

● 大阿久佳乃 著
●サウダージ・ブックス 発行

Add to Like via app
  • Reviews

    (512)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥1,980 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品